Menu
Close 

   

おっさん初心者ランナーが楽しく走り続けるために大切なこと、それは・・・休む勇気

 
楽しく走るために休む勇気00

この記事を書いている人 - WRITER -
軽い気持ちで走ってみたらドップリはまってしまった、遅咲きデビューのおっさんランナー。 タイムでは若い連中には勝てないけれど、おっさんにはおっさんなりの楽しみ方があります。 タイムや順位だけではないランニングやマラソンの楽しみ方をお話ししていきます。

休むことは難しい

え?そんなことないよ、簡単だよ。
なんて、あなたは思ってるでしょう???

甘いね!甘い

事実、僕も走り始めたころは、週2回ぐらいのペース。
休むなんか簡単だよ。なんて考えていたのですが、どんどん深みにはまっていくと
休むのが難しくなってくるんですよ。これが、、

脚が痛くても、ちょっと体調が優れなくても、休むことでこれまで積み重ねてきた
小さな走力が衰えるのではないかと、とても不安になる。

筋トレをやっていて思うのですが、年をとると、筋肉はつき辛く、ちょっとさぼるとすぐに落ちてしまう。

走ることも同じだと思って休めなくなるんです。。実際。。。

でも、楽しく走り続けるためには、痛みは大敵で、なめてかかると、その後長期に走れなくなる可能性もあるかもしれません。

そうなると本末転倒ですからね。

勇気をもって休むことはとても大切です。

しかし、やっぱり不安なものです。
そこで・・・

休まなければなならないときの代替

そこで活用しているのがジムでのステップマシーンやエアロバイク+筋トレ

心肺機能の維持

楽しく走るために休む勇気01

ステップマシーンで心肺機能の強化

痛みの場所によって変わるのでしょうが、
ランニングで故障する原因の多くは、着地時の負担によるもの。
なんせ体重の3倍もの負荷が脚にかかるわけですから、そりゃ~故障もしますわな。

そこで体重を脚に掛けずに心拍数を上げていけばいいので、自転車や着地のないステップマシーンは有効です。

これで心肺のトレーニングをして、あとは筋トレ。

脚の筋力の維持

走るのに必要な筋力を鍛える。
今僕がやっている筋トレを紹介したいと思いますす。
15分程度で済むので、試してみてください。

腹直筋

楽しく走るために休む勇気05

ラン二ングのための筋トレ1

脚の付け根の部分の腹筋です。
①膝を上げられることところまであげます。
②そこから、また限界まで、1,2、・・・・と引き上げていきます。
これを左右30回ずつで1セット

大内転筋

楽しく走るために休む勇気02

ラン二ングのための筋トレ2

楽しく走るために休む勇気03

ラン二ングのための筋トレ2‐2

太腿内側の筋肉です
①上げる法の脚を軸足の前に持ってきます。
②そこから膝を上げます。
(限界までとは言いませんが、ある程度高く・・・)
③そこから内側に振ります。1,2・・・と、これも左右30回ずつで1セット

お尻

楽しく走るために休む勇気04

ラン二ングのための筋トレ3

お尻の上の部分
①脚を軽く曲げ後ろに。
この時に少しだけかかとを外側に向けるのがポイント
②その位置から、1,2・・・と斜め後ろ上方に跳ね上げます。
左右30回ずつで1セット。

これを3セットもやれば、結構効きますよ。

走れないときは、ステップマシーンや筋トレで心肺機能や筋力が落ちないようにしてあげましょう。

すると次走った時・・・・
「おっ!効いてるじゃん」と、思わずニンマリすること請け合います。

この記事を書いている人 - WRITER -
軽い気持ちで走ってみたらドップリはまってしまった、遅咲きデビューのおっさんランナー。 タイムでは若い連中には勝てないけれど、おっさんにはおっさんなりの楽しみ方があります。 タイムや順位だけではないランニングやマラソンの楽しみ方をお話ししていきます。