Menu
Close 

   

チャリティーランに参加~江津湖周回コース

 

この記事を書いている人 - WRITER -
軽い気持ちで走ってみたらドップリはまってしまった、遅咲きデビューのおっさんランナー。 タイムでは若い連中には勝てないけれど、おっさんにはおっさんなりの楽しみ方があります。 タイムや順位だけではないランニングやマラソンの楽しみ方をお話ししていきます。

「走ることで社会貢献を」テーマに熊本てれっとウルトラマラソンクラブ主催のチャリティーランに参加してきました。

クラブで毎年開催されている練習会のひとつで、参加費は全額「肢体不自由児協会」に寄付されます。

クラブの練習会には、なかなか参加できないでいるのですが、
今回のチャリティーランは江津湖。
近場でアクセスもいい、そして練習方法としては江津湖周回コースを自由走ということで、
ちょうど、足の具合も見たく、ロング走をしたいと思っていた時でもあるし、しかも周りのペースに左右されることもないので、今の僕にとってもグッドタイミングの練習会だったので参加させてもらいました。

光の森から江津湖までジョギングで

当日は、他のメンバーの皆さん8時から走りはじめています。
僕は出発が8:30ごろになるので、現地まで走っていくことに。

光の森駅から江津湖まで57号線一本道、距離も11㎞と丁度良く、これだったら迷うことなく1時間少々で着くだろうという計算。

光の森駅の駐輪場に自転車を止め、ラン二ングモードにセットアップし走り始めます。

江津湖までは上り下りの連続。
ある程度予想していたことだけれど、バックパックを背負っての上りはやっぱりきつい。
「エッホッ!エッホッ!!」とキロ6:30ペースで走っっていきます。

途中トイレに行きたくなりコンビニで借りることに。
コンビニはランナーにとって本当に重宝しています。
トイレを借りるついでに水分補給。
500mlのペットボトルでは大きすぎるので、ここではミニペットボトルを購入。
ミニとはいえ、その力は尊大。
本当にお世話になります。

さて、一口飲んで、再び走りだします。
のんびりペースなので足への負担もなく、気持ちよく走り続けることができます。

しばらく走ると迷うことなく、江津湖へ到着。

江津湖をランニング

さて、まずはスタート/ゴール地点となっている集合場所を探さなければ、橋の上から思っていると、眼下にはてれっとのメンバーが走りすぎている。
その先には、、遠くにてれっとの幟が見えるではないか?
難無く、集合場所につくことができました。

これから江津湖周回のラン。一度は訪れたいと思っていた場所なので、楽しみです。

おっと、その前に参加費(寄付金)を払っておかなければ。。。

集合場所で軽く糖分と水分を補給して、エッチラオッチラ走りだします。

第一感想は
人が多い!!
ここは熊本動物園のすぐ脇。駐車場から動物園までの通り道となっています。
また、
県内のピクニック場所のメッカ。
この二つが重なっていて、
今日は日曜日、天候はメッチャ良い秋晴れ。

もうこれ以上ないくらい条件が整っているわけです。

コースにも人があふれていてちょっと走り辛いかな?
日ごろから、あまり人を見かけないところで走っている僕としては、ちょっと戸惑ってしまいます。

コースをしては、湖畔の林道的な雰囲気として、すごくいい!
アップダウンもなく気持ちよく走れます。
7キロのロングコースでは、途中ちょっとコースがいり込んでいるので、タイムを意識してスピードを上げていくトレーニングをしていくためには、コース慣れが必要かな。
まあ、2~3回走れば体が憶えてしまうだろうから、そこさえクリアされれば、トレーニングにも適していると思います。

次はソロで平日に来てみたいものです。

2周ほど走って、丁度時間となりました。
やはりテーピングの効果なのか?
その間ちょっと足に違和感が訪れるも、スピード調整で痛みも調整することができました。
今のところは、問題なく少しずつではあるが完治に近づいているみたいです。

まだまだ油断は禁物ですけどね。
今日は、江津湖までのランも含めて久々に20キロ越えのランを楽しめました。

やはり一人で走るものいいが、仲間と声を掛け合いながら走るのも楽しい。
楽しい場を提供してくれたクラブに感謝です。
次に参加を予定している練習会は12月の熊鹿サイクリングロードでのロング走。
これは昨年、クラブの練習会に初めて参加会させてもらったコースです。
この一年でどれくらい走力がアップしているか楽しみですね。

この記事を書いている人 - WRITER -
軽い気持ちで走ってみたらドップリはまってしまった、遅咲きデビューのおっさんランナー。 タイムでは若い連中には勝てないけれど、おっさんにはおっさんなりの楽しみ方があります。 タイムや順位だけではないランニングやマラソンの楽しみ方をお話ししていきます。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ウルトラマラソンへの道 , 2018 All Rights Reserved.