Menu
Close 

      2017/08/14

走りスマホはダメ!・・・ジョギング中に道誤って赤大豆アイスに巡り合う

 
ジョギング中のスマホはダメ

この記事を書いている人 - WRITER -
軽い気持ちで走ってみたらドップリはまってしまった、遅咲きデビューのおっさんランナー。 タイムでは若い連中には勝てないけれど、おっさんにはおっさんなりの楽しみ方があります。 タイムや順位だけではないランニングやマラソンの楽しみ方をお話ししていきます。
ジョギング中のスマホはダメ

走りスマホはダメ!道間違えて赤大豆アイス

熊本県の代表的な湧水のひとつ「観音の泉水」を目指して。

【2017年8月1日のジョギング】

今日は、合志市合生(あいおい)にある「観音の泉水」を目指して、走り出します。

熊本といえば、水。
県内は、たくさんの湧水があります。

もちろん合志市にも3か所ほどあります。
これは訪れておかなければと思っていたところであるのです。

観音の泉水は、グーグルマップで調べてみると、距離としては5キロ弱、往復するには丁度良い距離でもある。

早速出発。。。いつもとは違う道を使いたくて、県道30号線から一本外れて、農道へ入っていきます。

農道をジョギング

農道をジョギング

車の通りもなく、のんびりと走れます。

ただ要所要所、昨夜のゲリラ豪雨の水たまりが残っていて、それを避けながらではありますが、、、

15分程度、農道でのジョギングを楽しんだ後は、国道387号線日田街道と合流します。

ジョギング中に走りスマホは出来るのか

最近は、歩きスマホでの傷害事件に発展する事例が取り上げられているが、ジョギング中にスマホで確認するなど器用なことはできません。

事前に頭の中に地図を叩き込んで、目的地を目指すのですが、、、、

スマホやカーナビがない時代など、皆そうでしたよね。
地図で目的地までの道のりをイメージして憶えておく。
そのイメージ上の記憶をたどりながら、目的地を目指したものです。
時には、間違えて一本手前から入ったり、通り過ぎたりしたものです。

今回も、案の定、、、、、入るべき道を通り過ぎてしまいました。

止まって、確認するのも何なので、
どうするか????と考えながら、走っていると、すぐに泗水町に入ってしまった。

ジョギングで道間違えて泗水町へ

ジョギングで道間違えて泗水町へ

道路案内看板で、泗水公園まで900mということなので、急きょ目的地を変え、
泗水公園を目指します。

泗水公園で赤大豆アイスを食す。

合志川を渡ると、すぐに泗水公園が、、、、

合志川

合志川

泗水公園

泗水公園

ちょっと、ここでピットイン、、、
燃料補給に足うクリームでも食べようと、売店に寄ってみると、
肥後名物の赤大豆アイスというのが売ってあった。

ブログといえば、地域の食。
これは記事には欠かせない存在と、ミーハー的な考えだけで、恐る恐る食べてみるが、結構おいしい。
ただ、残念なのが大豆が写真に写っている2個だけしか入っていなかった。
これは、これでこういうものか?
個体差があるものなのか?

肥後名物赤大豆アイス

肥後名物赤大豆アイス

ちょっと気になくところなので、また機会があれば食べてみることにしましょう。

アイスを食べて一休みできたので、帰路につくことに。。。

なごやかな県道138号線

帰路は来たときは別の道を通って、変えることに・・・

県道138号線で合志市へ

県道138号線で合志市へ

県道ではありながら、メイン道路から一本外れているためか、全くと言っていいほど車の通りがない。勾配もなく、見通しがいいコーナーもあり、バイクなどで走ると気持ちいだろうなぁ~など考えながら、走っていく。
しかし、日影が全くない。時刻は11時も回って日差しがきつい中、日影がないのは、ちょっとつらいです。

直射日光を浴びながら、
「まだかぁ~~~?」なんて思っていると、ちょっと見た記憶のある風景がでてきました。

ポケモンGOの思い出の場所へ

この建物は、一年ほど前ポケモンGOが始まった時に、カミさんとモンスターを探して、うろついた場所です。

竹迫城跡近くの倉庫

竹迫城跡近くの倉庫

知った風景に出合うとホッとしますね。

ここからはよく知った道を辿っていきます。

 

豊岡宮本横穴群

豊岡宮本横穴群

豊岡宮本横穴群の横を通って、

ホタル祭り開催地

ホタル祭り開催地

この川では6月ごろには、ホタルがいっぱい発生して「ホタルまつり」も開催されます。
最後は竹迫日吉神社を横目に見ながら、スタート地点にもどりました。

竹迫日吉神社

竹迫日吉神社

今日のジョギング距離。
往路:4.83㎞
復路:4.90㎞
合計:9.73㎞

ジョギングトレース

ジョギングトレース

この記事を書いている人 - WRITER -
軽い気持ちで走ってみたらドップリはまってしまった、遅咲きデビューのおっさんランナー。 タイムでは若い連中には勝てないけれど、おっさんにはおっさんなりの楽しみ方があります。 タイムや順位だけではないランニングやマラソンの楽しみ方をお話ししていきます。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ウルトラマラソンへの道 , 2017 All Rights Reserved.