Menu
Close 

   

ランニングのトレーニングで自分の限界スピードを知りたい

 
ランニングで自分の限界を知りたいtop

この記事を書いている人 - WRITER -
軽い気持ちで走ってみたらドップリはまってしまった、遅咲きデビューのおっさんランナー。 タイムでは若い連中には勝てないけれど、おっさんにはおっさんなりの楽しみ方があります。 タイムや順位だけではないランニングやマラソンの楽しみ方をお話ししていきます。
ランニングで自分の限界を知りたいtop

ランニングで自分の限界を知りたい

自分の限界がわからない

日々のトレーニングランで10キロを速く走るためのペース配分をつくっていくにはどうすればいいのか?

最近では、10キロのトレーニングランニングでLTランを実施しています。
回を重ねるごとに少しずつではあるが、進歩がみられます。
それはそれで非常にうれしいのだけれど、自分の限界が解らないので、消化不良を起こしているところもあります。

もう少しペースが上げられるのでは、という憶測とともに、次走るときに、走りだしからペースをあげてみると、後半ペースが落ちてトータルタイムも落ちてしまいました。

どれくらいのペースがMAXなのか?
自分のペースを見つけることができない。
その日によって、タイムにばらつきがあるのです。

変わってきた疲労の場所

また、疲れ方も変わってきました。

ジョギングを始めた当初は、とにかく心臓がきつかった。
足腰は余裕があるのに、心臓がついていかない。

それが、最近では、心臓より、足が疲れてくるようになったのです。
足が疲れて、なかなか踏み出せないでいると、心臓が
「もっと速く走れるよ」
と、催促してくる。

どれくらいのペースで走り始めればいいのか?
途中どれくらいのペースを維持すれば、今の自己ベストで走れるのか?

いろいろネットを調べてみると、最初は少しペースを落として走り始めるのがいいらしい、ようです。
そこからは、距離ごとにペース配分を変化させていくのもトレーニングとして有効なようなことも書かれていました。

この方法を試してみることにします。
しかし、ランニングコースのような距離が解るような場所だといいのですが、一般道での周回コースでは、それもよくわかりません。

そこで、時間から距離を、ある程度推測して走ってみようかと考えています。

このトレーニング方法を試してみよう

最初の1キロ:スタートから6分くらいまで、ややのんびりとしたペースで。
1キロ~3キロ:ペースを上げて追い込むような走りをしてみる。
3キロ~6キロ:ペースをやや落とし、息を整えるぐらいのスピードで
ラスト4キロ:再点火!追い込んで最後の力を振り絞って、、、例えペースが落ちても
踏んばって走っていく。。。

まあ、ネットでいろいろ調べてまとめた知ろう―と考えだが、これで10キロのトレーニングをやってみようと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
軽い気持ちで走ってみたらドップリはまってしまった、遅咲きデビューのおっさんランナー。 タイムでは若い連中には勝てないけれど、おっさんにはおっさんなりの楽しみ方があります。 タイムや順位だけではないランニングやマラソンの楽しみ方をお話ししていきます。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ウルトラマラソンへの道 , 2017 All Rights Reserved.