ペース配分を間違えると・・・

その日は、ペース走のトレーニング。
一定速度で、走り続けていくのだが、その時の設定を6”10にしてみた。

この6”10といういうのは、今のフルマラソンの目標タイム4”30を達成するための
後半の追い込みのタイム。
30㎞を過ぎたあたりから、このスピードまで上げていかなければならない。

前回のトレーニングでビルトアップしたときも、6”10はなんとかクリアし、最後は5”40ぐらいまでアップすことはできた。

そんなこともあり、僕自身の気持ちとしては、当然、6”10のペース走はクリアできると思っていたのに・・・

ビルトアップよりペース走の方が遅い

最初の5キロくらいまでは、楽にペース維持。
そこから徐々に苦しくなるも、なんとかペース維持できた。
しかし、10㎞を過ぎたあたりから、すこしずつペースが落ちてきたのだ。
「あ~、もう少しペースを上げるか」と、思ったものの・・・

あれぇっ???
ペースがあがらない。
なぜ???
スピードアップどころか、メチャきつくなってきて、どんどんスピードが落ちてきているではないか?

そんなはずは????

しかし、現実は非常に厳しい。

終わってみると、

キロ6”18、前回のビルトアップの時よりも、キロ8秒も遅いではないか?

最初飛ばしすぎると、後半つぶれる

同じ距離を走っていても、その走り方でタイムに差が出る。
タイムに差が出る、すなわち走り方によって疲れ方が変わるということです。
しかもそれがタイムに如実に表れます。

って、これに関しては、今回気づいたことではないんですよね。
これまで何度もビルトアップとペース走を繰り返して、
ビルトアップのように、ゆっくりの走りだしで、中盤後半とペースを上げていくのに対して、
最初からある程度のペースで走るのでは、中盤以降の粘りが違ってくる。

体が軽いときなど、つい前半から飛ばしてしまうこともあるので注意が必要です。

Follow me!

あなたのビジネスを予約でいっぱいにする

マーケター、コピーライター、WEBデザイナーから整骨医院、英会話教室とサービス業のための、一生お客に困らない、、、、あなたにあったお客だけで「予約でいっぱいにする方法」をお届けしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です