Menu
Close 

   

初日100mも走れなったのに、続けられた理由

 
走り続けられる理由01

この記事を書いている人 - WRITER -
軽い気持ちで走ってみたらドップリはまってしまった、遅咲きデビューのおっさんランナー。 タイムでは若い連中には勝てないけれど、おっさんにはおっさんなりの楽しみ方があります。 タイムや順位だけではないランニングやマラソンの楽しみ方をお話ししていきます。

趣味を続けられるかどうかの分岐点は・・・

新しいことを始めようと思った時に、それが趣味や楽しみで始める場合、続けられるかどうか初日によって決まるのではないでしょか?

走り続けられる理由02

はじめてのスキー

昔(学生時代)はじめてスキーに行った時の事、いきなり先輩に頂上まで連れていかれ、
ひところ「降りろ」その一言で指導は終わり。

当然滑り方も止まり方もわからず、スキーで滑るというよりも、お尻で少しずつ下まで降りてきました。

当然、スキーなど面白いとは思いませんでした。
もし、日帰りで行っていれば、それ以降スキーをやる事はなかったでしょう。

しかし、その時は2泊3日で行っていたため、2日目3日目と、やらない訳にはいかない。

いやいやながらも、やっていると少しずつ滑れるようになってきました。
3日目になるとスキーの楽しさも少しずつわかってきたのです。
おかげで、それ以降もスキーを続けることができたのですが・・・・

今回のジョギングもそう。
初日100mも走れなかった状態で、やっぱり無理かと止めていたら、2度と走ることはなく、
今のような走ることの魅力楽しさを知ることはなかったでしょう。

走り続けられた理由

では、なぜ走り続けることができたのか?
おおきく二つの要因があったと思います。

先行投資をしてしまった

はじめてのジョギング02

最初に買ったシューズ

先にもお話ししたように、走りはじめる前にランニングシューズ、キャップ、サングラスと最低限必要なギアを買ってしまったのです。

せっかく買ったのに、一回で止めるともったいないな。
という気持ちがあり、もう少し走ってみるかという思いになったのです。

もったいないから、
その気持ちが主で、2回目3回目と走る歩くことを繰り返していると、走ることがだんだん気持ちよくなっていきます。

知識は後回し、気持ちがいい・・それだけで走っていた。

走り続けられる理由04

感情で走る

走り始めたころは、教則本など読んでなく、当然フォームはぐちゃぐちゃ自己流で走っていました。

もし最初に、頭(知識)から入っていたら、こんなにも続かなかったことでしょう。
走ること自体が気持ちいいから走る。

そして、より気持ちいい経験をするために、より長くより遠くまで走れるようになりたい。
そこからフォームについて学ぶ。

つまり、気持ちがいい(感情)から入り(フォーム)知識へと移行する。
これが長続きできる理由だと思います。

ランニングと仕事との共通点は

仕事でも同じようなことが言えますよね。
あなたも経験があると思います。
ビジネスプランやマーケティングなど頭でっかちになりすぎて、100%の知識や準備などを求めていると、なかなか行動に移せず、やっと行動を始めても、すぐに停滞してしまう。
なんてことがあるでしょう。

大切なのは、ある程度の準備ができたら、まずは行動してみる。
そして行動しながら修正していく。
これが成功の秘訣ですよね。

ランニングなどのスポーツもそうです。
最初からあまり考えすぎるとなかなか一歩が踏み出せません。
ランニングはゴルフやテニスなどとは違い、一人で、今すぐにでも始められます。
まずは、第一歩走りはじめてみましょう。
すぐに気持ちよくなることができ、継続することができるようになるでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
軽い気持ちで走ってみたらドップリはまってしまった、遅咲きデビューのおっさんランナー。 タイムでは若い連中には勝てないけれど、おっさんにはおっさんなりの楽しみ方があります。 タイムや順位だけではないランニングやマラソンの楽しみ方をお話ししていきます。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ウルトラマラソンへの道 , 2018 All Rights Reserved.