Menu
Close 

   

痛みに負けるな!リハビリランでムフフ・・・笑

 

この記事を書いている人 - WRITER -
軽い気持ちで走ってみたらドップリはまってしまった、遅咲きデビューのおっさんランナー。 タイムでは若い連中には勝てないけれど、おっさんにはおっさんなりの楽しみ方があります。 タイムや順位だけではないランニングやマラソンの楽しみ方をお話ししていきます。

苦戦した筑後川マラソンから早一週間、

一週間のガマン

その間、足首に負担をかけないようにとしていたが、そこは足首!
二足歩行の人間である僕としては、生きているかぎり、脚を使わなければ仕事をはじめ、
トイレに行くこともできないのである。

「逆立ちで生活すればいいじゃん」と言う人もいるかもしれないが、
あいにく生まれてこの方二本の腕での倒立で歩く、には成功したことなく、
今では、三点倒立も怪しいぐらいです。

リハビリラン-04

逆立ちでの生活なんて・・・

よってやはり二本の足を使わなければ、生活が非常に困難となるのである。

足で歩かなければならない以上、足首への負担は仕方なく、日々夕方近くなると痛みが増すという日々を送っていた。

が、しかし、その痛みもいつまでも同じというわけではなく、日を追うごとに少しずつではあるが、和らいできているのである。

5日目の金曜日辺りになると、午前中ぐらいは非常に塩梅がいい。

走ってみるか

「おっこれは、明日辺り少し走ってみるか・・・・」
と、気分は軽くノリノリになるが、夜には違和感が。。。痛みが出てくる。

そうなると、またちょっと不安になる。
先ほどまで明日は走ると意気込んでいたにもかかわらず、ちょっと弱気に。。。。

ここで走ってまた痛めたら・・・・
福岡マラソンはできるだけいいコンディションで迎えたいし・・・
どうしよう・・・・・

と、ネガティブな波がやってくるのだ。

しかし、それと同時に

福岡マラソンまでもう一か月切っている。
そろそろ準備を始めなければ、当日違う意味で苦労しそう。。。

と、悪魔のささやきのような
「走った方がいいんじゃない」攻撃が心の中で暴れているのだ。

よし、決めた。
走ろう!
そして、もし、酷くなったら病院へ行こう!

という決断に達したのだ。

ちょっと早すぎじゃねぇ

いやぁ~朝はめっきり涼しくなりました。
もう寒いくらい。
とは、いうものの・・・それはないだろう?

リハビリラン02

寒い!

早くも冬毛に抜け替わって、立派な毛皮を身に纏っているのに。
お父さんは、まだまだ夏仕様だぞ。

リハビリラン一日目のプラン

まあ、それはいいとして、どのようなプランで行くかである。

タイムは気にせず、6~7キロぐらいをゆっくり走る。
その段階で、余裕があっても今日は無理せず、
残りの部分はジムでステップマシーンと筋トレで代替する。

それを守ろう。

ジムからスタート。

ジムの前は下りなので、ここはウォーキングで下まで降りる。
そこからスタート、、、
キロ7分程度走りだす。
よしよし良い感じ、、、脚の痛みも発生しない。
信号で止まった時も、軽く足首を回すストレッチでほぐしてあげる。

しかし、なんて気持ちのいい気候だろう。
今ぐらいがラン二ングにはベストな時期なんだろうなぁ~
もっと、ゼーハー言うぐらい腹いっぱい走りたいなぁ~
なんて考えていると、ついペースが速くなってしまう。

いかんいかん押さえなければと、ペースを落とします。
フラットな場所では違和感なく走れていたのですが、登りになると、どうしても足で蹴りだすようです。

それが走り方として正しいか間違っているかわからないが、蹴りだすことで足首に負担がかかり、痛みがでてくる。

ヤバいかもと思いながらも、どうしようもなく、ややスピードを殺して登っていく。

登りきった後もしばらくは軽い痛みと違和感が残るが、それも少しペースを落として走っているうちに和らいでくる。

ウン、良いかも・・・

じんわり汗ばんできて非常に気分がいい。

このまま走り続けたいなぁ~
なんて考えていると、少し痛みが・・・・

何が違うのだ?

自分の体を客観視してみると、足音が少し大きくなってきている。
あ!腹筋か????
意識して腹筋で脚を持ちあげていないので、足音が大きくなっているのか?
足音が大きくなるということは、それだけ着地の衝撃が大きいということなので
負担も掛かる。

「やっぱ腹筋だね!ぱぱ。。。」なんて、昭和の人間すら忘れかけているような一人語をつぶやきながら腹筋で脚を持ちあげて走っていきます。
すると、足首への負担も減ってきた。

走り終わって

そのような感じで、今日の7キロのランは終了。
終わった段階で足首には異変なし。
明日はどうか?
もし、異変がなければもう少し距離を延ばしていくか?
ムフフと、ひとりほくそ笑みながら、自撮りでパシャ。

リハビリラン03

ラン後、なかなかいいんじゃない

後はジムでしっかり腹筋も鍛えましたよ。

今日の教訓

上りの脚の使い方を調べてみよう
腹筋は重要

この記事を書いている人 - WRITER -
軽い気持ちで走ってみたらドップリはまってしまった、遅咲きデビューのおっさんランナー。 タイムでは若い連中には勝てないけれど、おっさんにはおっさんなりの楽しみ方があります。 タイムや順位だけではないランニングやマラソンの楽しみ方をお話ししていきます。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ウルトラマラソンへの道 , 2018 All Rights Reserved.