Menu
Close 

   

2017年を振り返って

 

この記事を書いている人 - WRITER -
軽い気持ちで走ってみたらドップリはまってしまった、遅咲きデビューのおっさんランナー。 タイムでは若い連中には勝てないけれど、おっさんにはおっさんなりの楽しみ方があります。 タイムや順位だけではないランニングやマラソンの楽しみ方をお話ししていきます。
2017年を振り返って

マラソンに取りつかれた

最近はとんとブログの更新をさぼっていた。
走ることに夢中になってブログの更新は、後回しになっていたのだ。

今日は、雪が舞い散る中、こんな日でも走りたいと思っているのだが、
天気でも言い訳にしないとホントブログを更新する日がなくなってしまう。

なので、今日は雪が降っているので、とりあえず走る予定を返上してブログの原稿を書くことに、、、
晴耕雨読ならぬ、晴走雨書で、去年一年(2017年)を振り帰ってみたいと思う。

 

新しい趣味を手に入れて

昨年は、ランニングという新しい趣味を手に入れて僕のなかで、意識が大きく変わった一年だった。
ちょっと走ってみるか、といいう軽い気もちで始めたジョギングが、走ることにこんなにも取りつかれてしまうなんて最初は思ってもいなかった。

そもそも、なぜ走ってみようと思ったのか?

無趣味な生活を8年間ぐらい過ごしていた。

以前、福岡に住んでいるころは、ゴルフやテニスと、体を動かす趣味をいくつかもっていた。
今の熊本に移り住んでからというもの、その趣味もピタッと止まっていた。

なぜならば、ゴルフ・テニス共に一人で楽しめるわけではない。
わざわざ、人と日時を約束して、その場所まで行くのが面倒であり、時間も合わなかったので、なかなか同趣味の仲間とも出会うこともできず、止めてしまっていたのだ。

何か体を動かしたい。
そういう気持ちで、軽い筋トレをやったいたが、それだけでは退屈。
そんなときにコンビニで手にした雑誌に載っていたのがトレラン。
これは面白いかも、
その時は今更マラソンという気持ちにはなれなかったが、トレランでどこかで出かけていって走って、その場所で温泉に入っておいしいものを食べる。
そんなことだできたら楽しいかも。
という走るのは半分、残りの半分は温泉+ビールという趣味のつもりだった。

いざ走ってみると、、、「それはないだろう!」

シューズだけを買いこんで、走ってみると
5キロぐらいは軽く走れるだろうと思っていたのが、100mも走れずに、心臓がバクバク言って立ち止まってしまう。
「まさか?そんな!」
その「走れなさ」に、自分自身、驚いてしまうしかなかったのである。

初日は50メートルぐらいを走っては、歩き、また50メートルくらい走る。
その繰り返しで、1.7キロぐらいで終わるはめになってしまった。

これはあんまりだということで、2日目。
この日も2キロぐらい。
きついが立ち止まらずに走れた。
このような感じで、3、4日繰り返していると、苦しさの中に気持ちよさを感じるようになった。
この気持ちよさが半端ないのだ。
これまでに感じたことがない気持ちよさ。
まさに「ハイ」とはこのような感覚なのだろうか?

走ることの気持ちよさにとりつかれてしまった

もう止まらない。
この気持ちよさを感じたいために走ることにとりつかれてしまった

最初はジョギングペースで走っていたが、だんだん欲が出てきて、より長く少しでも早く走れるようになりたいという気持ちになってきた。

そのころから、最初は50:50ぐらいのバランスが今では80:20ぐらい、温泉+ビールが0になることはない。
走る距離も、徐々に延びていき、30キロまでは走れるようになる。

ひとりではなくクラブにも所属することに。

今年(2018)の3月にはフルマラソンにもエントリーしている。
より一層楽しんでいきたいと思っている。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
軽い気持ちで走ってみたらドップリはまってしまった、遅咲きデビューのおっさんランナー。 タイムでは若い連中には勝てないけれど、おっさんにはおっさんなりの楽しみ方があります。 タイムや順位だけではないランニングやマラソンの楽しみ方をお話ししていきます。
 

Copyright© ウルトラマラソンへの道 , 2018 All Rights Reserved.