Menu
Close 

   

スローランニングにインターバルを加えてみた

 
インターバルを加えたスロージョギング

この記事を書いている人 - WRITER -
軽い気持ちで走ってみたらドップリはまってしまった、遅咲きデビューのおっさんランナー。 タイムでは若い連中には勝てないけれど、おっさんにはおっさんなりの楽しみ方があります。 タイムや順位だけではないランニングやマラソンの楽しみ方をお話ししていきます。
インターバルを加えたスロージョギング

インターバルを加えたスロージョギング

11月21日のランニング

スローランニングを何日か繰り返すと、楽に走れてくる。
そうすると、本当にこれでいいのか?
疑問になってくるものだ。

力はついてきているのか
疲れないと苦しくないとトレーニングになっているのか疑問になる。

そこでインターバルを加えてみることに。。。

インターバルとはランニングに緩急をつけていくこと。

走り始めはゆっくりと最近のスローランニングのペースで。
一定時間(距離)をそのペースで走ったら、ペースを上げて以前走っていたくらいのペースに上げるのだ。
このスローランニング、ノーマルランニングを繰り返すことで、心臓に負担を加えてみる。

スタートはスローランニングで、、、
1㎞ぐらいでペースを切り替えていきたいところだが、いちいちスマホで距離を確認しながら走るわけにもいかないので、現状は距離ではなく時間で。。。
今のペースだとキロ6分くらいなので、6分単位でペースを切り替えてみることにした。

スローランニングで走り始めて、6分、
ここでペースアップ、、、、とはいかなかったのだ。
いきなり信号につかまってしまう。
これが一般道でランニングするときの、おおきな欠点だろう。
どうしても、途中途中で止まらなければならなくなる。

信号を渡って、一気にペースを上げていく。
そこから6分?
きつくない。。。
以前のペースで走ってもそれほど心臓が早打ちをはじめないのだ。

やはり、これは力がついてきているのか?

6分ごとにペースを切り替えるつもりが、つい忘れて以前のランニングのペースで走り続けてしまった。

結果は、少しだけタイムを縮めたくらいだが、楽に走れてしまったのだ。

11月21日のランニングログ

13.52㎞⇒1:27:17

11月23日のランニング

スローランニングをはじめて今日で6回目。
少しずつだが、感覚がわかってきたような気がする。。。。
気がするだけで、本当はできていない、という場合が多いのだが。。。
一度(というか、定期的にフォームをチェックしてほしいと思う今日この頃である)

しかし今日は体が重い。
なぜか?寝不足か?
思い当たる節がいくつかない訳ではないが、あまりにも重いので、
「そのような日もあるさ」
ということで、
ここ何日か走っているコースを少し短くなるような形でコース変更をすることに。
タイム的にもいつもより遅いと思いきや・・・・
結果をみてみると、そうでもない?

ここ何日間でホント力がつきはじめたのかもしれない。

これで週末は、ちょっと長距離ランに挑戦することができそうだ。

11月23日のランニングログ

11.51㎞⇒1:14:08

この記事を書いている人 - WRITER -
軽い気持ちで走ってみたらドップリはまってしまった、遅咲きデビューのおっさんランナー。 タイムでは若い連中には勝てないけれど、おっさんにはおっさんなりの楽しみ方があります。 タイムや順位だけではないランニングやマラソンの楽しみ方をお話ししていきます。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ウルトラマラソンへの道 , 2017 All Rights Reserved.