Menu
Close 

   

ゆうかファミリーロードをランニング

 
ゆうかファミリーロード00

この記事を書いている人 - WRITER -
軽い気持ちで走ってみたらドップリはまってしまった、遅咲きデビューのおっさんランナー。 タイムでは若い連中には勝てないけれど、おっさんにはおっさんなりの楽しみ方があります。 タイムや順位だけではないランニングやマラソンの楽しみ方をお話ししていきます。
ゆうかファミリーロード00

ゆうかファミリーロード

ゴールはどこにあるのか?
どこまで走っても、ゴールが見えてこない。
とうとう・・・・・

ゆうかファミリーロードとは

 

ゆうかは「熊鹿」と書きます。
上熊本から山鹿までつづく、全長はおよそ34キロの自転車&歩行者専用道路です。
元々は、「山鹿温泉鉄道」が走った線路跡だったそうです。

今日は土曜日、サイクリストにはメジャーなコースらしいので、ちょっと曇り気味だが、きっと多くのサイクリストに出会うことだろう。

上熊本駅前をスタート

上熊本側のスタート地点は、上熊本駅より1キロほど熊本より・・・ゴールとなる山鹿とは反対方向・・・なのですが、そこまでいくのも面倒なので、上熊本駅前よりスタートしていきます。
RUNネットの情報によれば、上熊本駅をスタートするとゴールまで31キロらしい。
駅を降りて、左側に走っていき、最初の交差点「上熊本3丁目」信号を左に折れていきます。
坪井川手前の自動車学校先から、ゆうかファミリーロードに入っていきます。

ゆうかファミリーロード01

上熊本駅からゆうかファミリーロードへの入り口

ここからしばらくは、車道と並行して走っていくことになります。所々は車道を横切るところもあるので、車には注意しましょう。

ミスコースに注意?ちょっと悩んだ分岐点

民家脇を走りながら、踏切を渡って県道に出ていきます。

今回のランで唯一「え?これで合っているの?」と悩んだ場所です。

ゆうかファミリーロード02

ここからいったん県道へ・・・

県道歩道をほんの少しだけ走って、「貴町」の信号を左に折れ再び専用道に入っていきます。
この看板が見えるまでは、「本当に合っているのだろうか?」と心配をしていたが、
「貴町」の信号を確認すると、

ゆうかファミリーロード03

再び専用道路へ・・・

「そういえばグーグルマップにもこの信号名出ていたな。。。」と記憶がよみがえると
妙に安心もしました。

予想外?もっと行き来していると思ったのだが・・・

しかし、あまりにも寂しすぎる。
冒頭でも触れたように、土曜日なので、もう少し、サイクリストやランナーなどと遭遇してもいいような気がするのだが、まったくすれ違うわけでもなく、抜かれていきもしない。

ゆうかファミリーロード04

寂しい。。。

そんな寂しい気分を味わいながらも、グングン進んでいくと、途中このような場所も

ゆうかファミリーロード05

スロープ付き石段01

登りは、勢いで駆け上がっていくが、下りはちょっとゆっくり。。
体を休める形で降りていきます。

ゆうかファミリーロード06

スロープ付き石段02

このスロープ付き石段を過ぎると、もうすぐ植木駅です。
植木駅手前を180度折り返すような形で、折り返します。

ゆうかファミリーロード07

植木駅付近で180°折り返し

 

植木駅付近を通過

ここから、林道のような山道のような、とにかく寂しい地域へ進んでいきます。
手前のスロープ付き石段あたりから、視界に入っていた今日はじめてであったランナーです。

ゆうかファミリーロード08

初めてランナーと出会った

結構スローペースで走ってきたのだが、ここまで約10キロ弱、それなりに汗もかいている。
林道に入ると曇りの中でちょっと肌寒い中を走っていきます。

この先のコンビニでちょっと水分補給をして再び走り始めます。

すでに15キロぐらいは走っていると思うのですが、予想以上に疲れもなく快適に走っていけてます。

気候的にもう少し暖かい時期の方が気分もいいのだろうけれど、これくらい寒い方が走るのは楽なのかもしれない。

要所要所に休憩所が設けられています。

ゆうかファミリーロード09

休憩所、トイレもあります

休憩所にはトイレがあるところもあり、ランナーやサイクリストにとってはとても安心して走れるロードなんじゃないでしょうか

山を下りてきて、一般道に近づくと、再び車道を渡るところも多くなってきます。
国道3号線を横切るところは、地下道が設けられています。
この先に信号もあるようですが、ここは安全をとって、地下道を使うことにします。

ここからは、平地、一般道沿い、民家沿いをひたすら走っていきます。

山鹿市へ到着

ゆうかファミリーロード10

山鹿市へ

すでに20キロぐらいはしったでしょうか?
やっと山鹿市に入ります。
スタートから25.3キロ地点(上のイラストに距離による)に全体図の看板が・・・
あと、8.2キロでゴールです。

ゆうかファミリーロード11

ゆうかファミリーロード全体図

 

しかし、ここから地獄が始まります。

ついに足に痛みが・・・

この辺りから、とうとう足がいたくなってきた。
立ち止まると、歩きそうなので、ペースを落としても、どうにか走りづ続けます。
菊池川を渡るときに、サイクリストから声をかけられました。
往復頑張るんですか?
それに対して、どうにか笑いながら、、、なんとか笑う元気は残っていた
いや、山鹿まで行ったら風呂入ってバスで帰るんですよ。。。
と答えて、分かれます。

この先は、とまって写真を撮る元気もない。
一旦立ち止まると、その先は走る自信がなくなりました。

民家の脇に「終点はこっち」というような道路に表示があった。
これを曲がると、ゴールが見えるのか?????
と、安堵を感じたのもつかの間・・・・
その先どれだけ行ってもゴールが見えない。

県道をくぐって、皆根公園を右手にみて、、、ランニングサイト「走ろうにっぽんプロジェクト」によれば、この公園横がゴールに設定されていたのだが、まったくゴールらしきものがない。

ゴールがみえてこない・・・

どこまで走ればいいのか?
足が痛い。。。。
いくつかのコーナーを曲がって、、、この辺りが限界、、、とうとう歩きはじめます。なんかよくわからないが赤い橋を渡って、先に車が走っている一般道が見える。
きっとそこまで行けばゴールがあるだろう。

ゆうかファミリーロード12

ゴォ~~~~~ル

あった、ゴールのしるしが、、、最後の力を振り絞ってなんとか走ります。

なんとかゴールにたどり着いた。
途中、30キロを過ぎたあたりから、要所要所歩きはしたが、なんとかゴールまでたどり着くことができた。

 

ここまで、33キロ・・・・、なんかのサイト情報に
「20キロ走れるようになれば、フルマラソンに完走できる」なんてことを書いていたが、
あと10キロ、走れるような気がしない。。。。と思いながら、温泉に入ってバスで帰路に就くことに。

今日のランニングログ

33.10㎞⇒3:58:07

この記事を書いている人 - WRITER -
軽い気持ちで走ってみたらドップリはまってしまった、遅咲きデビューのおっさんランナー。 タイムでは若い連中には勝てないけれど、おっさんにはおっさんなりの楽しみ方があります。 タイムや順位だけではないランニングやマラソンの楽しみ方をお話ししていきます。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ウルトラマラソンへの道 , 2017 All Rights Reserved.